Categories
Uncategorized

「“呼吸法”・“瞑想”のすすめ」

yoga bijaヨーガ教室 クボサチコさん – 第1回 – (テキスト・写真|yoga bijaヨーガ教室 クボサチコさん)ヨーガやアーユルヴェーダでは、精神の健康を保つために呼吸法や瞑想を行うことをすすめています。 普段の生活の中で、呼吸を意識することは少ないと思いますが、意識してみると感情と呼吸が深く関わっているのに気づきます。呼吸は、怒りや緊張した状態では浅く、速くなりがちで胸式呼吸に、リラックスしている時は、お腹がゆったり動く腹式呼吸になっています。普段から深い呼吸を心がけることはとても大切です。 また1日の終わりに、その日に溜まってしまった心の疲労を解消するため、呼吸法を行うことは、精神のバランスを整えるのに役立ちます。最初は簡単な深く長い深呼吸を数回行ってみることから始め、慣れてきたら呼吸法や瞑想へつなげるとよいと思います。 ※アーユルヴェーダでは、未消化物を「アーマ」とよび、体にたまるボティリアーマと、心にたまるメンタルアーマがあり、呼吸、ヨーガ、瞑想はメンタルアーマを取り除くのに役立ちと考えられています。 (呼吸法の紹介) 「スカ・プールヴァカ」心地の良い呼吸法、片鼻呼吸法などと呼ばれる呼吸法です。片鼻ずつ呼吸をすることで、精神のバランスが整い集中力が増します。 1. 足は楽に座り(あぐら、安楽座)背筋をまっすぐにすることを意識し、肩の力や余分な緊張はほどいておく。 2. 利き手の人差し指、中指を伸ばし眉間にあて、親指で小鼻を押さえ片側の鼻をふさぐ。 3. 反対側の鼻で吐いたら、そのまま息を吸う。 4. 吸いきったら薬指で小鼻を押さえ息を止め、うつむいてあごを咽元に近づけ、お臍の下(丹田)を引き寄せ、絵陰部を硬くする。 5. 苦しくなる手前で顔を上げ、親指を離し、息を吐き、そのまま息を吸う。 6. 吸いきったら、親指を閉じ息を止め、うつむいてあごを咽元に近づけ、お臍の下(丹田)を引き寄せ、肛門付近を硬くする(「4」と同じ)。 7. 苦しくなる手前で顔を上げ、薬指を鼻から離し息を吐く。 ここまでが1サイクルで、「3」に戻って何度か繰り返します。 yoga bijaヨーガ教室 クボサチコ 【yoga bijaヨーガ教室/わこう助産院ヨーガ教室のご案内】 ハタヨーガをベースに、一般、マタニティヨーガ、産後ヨーガ、ベビーヨーガなどのクラスをおこなっております。アーユルヴェーダに関しても、アーユルヴェーダ入門講座等を不定期に開催しています。自分のからだを見つめるヨーガの時間を定期的に持つことは、心と体のメンテナンスとなり、気持ちのよい感覚を得られると思います。ご興味を持たれた今がやってみる良いタイミングです。是非お気軽にお問合せください! (ホームページ・Facebook)http://yogabija.main.jp/https://www.facebook.com/pages/Yoga-bija/359857020733069 (講師紹介/クボサチコ)・BlissBabyYoga認定講師・AshtangaYoga指導者養成講座45終了・AyurvedaAdviser JAPA認定

Categories
Uncategorized

「頭を大切にしましょう」

アーユルビューティ 長尾理恵さん – 第1回 – (テキスト・写真|アーユルビューティ 長尾理恵さん)「頭には神が宿る」 はるか昔から、インドではそう言い伝えられています。 アーユルヴェーダは、「頭」を大切にしています。そのため、実に様々な頭へのアプローチがあります。 ・薬草オイルを頭部へ塗布する(シロービヤンガ)。・薬草オイルを脳に垂らす(シロダーラ)。・薬草ミルクを脳に垂らす(クシラダーラ)。・頭部の薬草オイルバス(シローバスティ)。・湿布(ピチュ)。・頭皮のパック(シロレーパー)。・Etc.. ヘッドマッサージやシロダーラは有名ですね。 【健康な頭皮とは?】 健康な頭皮は、弾力があって青白く透き通った色をしています。 小さい子供の頭皮を見ると、完全に健康な頭皮を見ることができます。 マルコメ味噌のコマーシャル、見たことありますか?坊主頭のマルコメ君の頭、かなり青白いですね(笑)。 私は仕事柄、多くの方の頭皮を触ります。 ・ガチガチに硬い。・ブヨブヨしている。・脂っぽい。・乾燥。・温かい。・冷えている。・赤みがかっている。・茶色い。・白髪や抜け毛が多い。 思いつくままに特徴を列挙してみましたが、これらの特徴は、頭皮が悲鳴を上げているのかもしれません。 今日は、健康な頭皮を手に入れるために、毎日の生活に取り入れることが出来るアイディアをお届けします。 【日傘を活用しましょう】 アーユルヴェーダのドクターは、「日傘は、邪悪なものから頭を守ります。魔除けの効果がある。」と断言していました。古典(チャラカサンヒター)には以下のように書かれています。 「日傘は、自然災害を避け、体力をまし、身を守り、体を覆い、快適になる。太陽や光や風、ほこり、雨を遮ることができる。」 【頭に塗布しているものを見直しましょう】 シャンプー、リンス、カラーリング、パーマ剤、はたまた育毛剤など、頭皮に直接塗布しているものを見直してみませんか?大切な頭のために、できるだけ自然なものを選択しましょう。 【頭に油を塗布(シロービヤンガ)しましょう】 用意するものは、たった一つ。 「白ゴマオイル」 白ゴマ油の量は、大さじ一杯くらいでOKです。 頭がガッチガチ!たっぷりオイルを使いたいという方は増やしてくださいね。 オイルは少し温めた方が気持ち良いです。 はじめにオイルを頭頂に置き、全体にまんべんなく刷り込みながら塗布します。 生え際は、丁寧にマッサージしましょう。 耳の全体にもオイルを塗布しましょう。 顔や首、肩、デコルテまでオイルを塗布すると最高です。(私は、耳の穴、鼻の穴、口の中までオイルを塗ります!) 古典にもその効果が書かれています。 「毎日頭部に油を塗ると、頭痛や円形脱毛症、白髪、抜け毛で苦しむことはない。ゴマ油を規則的に頭部に塗ると、とくに頭蓋骨の強さが増す。毛神はしっかりと根ざし、長くて黒くなる。感覚器官が適切に働き、顔は好ましく輝き、静かな眠りと幸福を得るようになる。」 この効果はすぐに実感いただけるでしょう。 シロービヤンガを毎日の生活に取り入れると、表情や肌艶がパッと明るくなり、一層幸せを感じることができるようになります。 最もおススメの時間は「朝」です。朝は浄化の時間です。是非、少し早く起きてシロービヤンガを行ってみてください。キラキラ輝く一日が待っています。 アーユルビューティ 長尾理恵 (アーユルヴェーダ専門サロンAyurBeauty「アーユルビューティ」)http://www.ayur-beauty.com/